HOME > コラム > 転職者の履歴書の書き方や転職の利点と求人の選び方

転職者の履歴書の書き方や転職の利点と求人の選び方

転職者が把握しておきたい履歴書を記入する際のコツ



現在、会社に勤めている人の中には転職を考えている方もいるでしょうが、就業していた期間が長くなればなるほど履歴書の書き方を忘れてしまう方もいるかもしれません。一般的に、求人に応募した後は書類選考があるところでは履歴書や職務経歴書を郵送することになります。そのため、履歴書の準備をしなければなりません。書き方にはコツがあるので、既に書き方を忘れてしまっている人は参考にしましょう。

コツの一つは提出年月日までしっかりと記載することです。提出年月日を忘れがちになりますが、年月日を記載しないと書類選考をしている人事の人から使いまわしているのではないかとあまりいい印象を持たれないこともあるので、提出する前にはしっかりと年月日が記載されているのかを確認して郵送します。名前を丁寧に記載することも書く際のコツになります。名前を記入する欄がありますが、丁寧に記載することで相手が見やすくなります。名前を記入する時のポイントは名前と姓の間にスペースを空けることです。スペースを空けることで見やすくなります。また、読みやすい名前の人の中にはふりがなを記載しない人もいますが、ふりがなをつけることはマナーです。履歴書には証明写真を添付する欄があります。この時に使用する証明写真は撮影してから約3カ月以内のものを使用します。もし随分前の写真を添付するとその写真と現在の顔が大きく異なることもあるので、面接官が疑問に思う場合があります。また、当然ではありますが、スーツをはじめ、相手に失礼な印象を与えない服装で撮影したものを使用します。そのほか、暗い表情ではなく意欲がある表情で撮影をした写真を使用します。

履歴書には連絡場所を記入する欄がありますが、この欄には自分が対応しやすい番号を記載するのが一般的です。現在ではスマホなどの携帯電話が普及しているので、固定電話ではなく携帯電話番号を記載するのが望ましいとされています。履歴書には学歴を記載する欄があります。義務教育なども含まれますが、小学校や中学校は入学した年月日の記入は不要である場合もあります。そのため、卒業した年数だけを記載します。義務教育以降の学歴に関しては入学と卒業を記載します。また、高校や大学においては学部がありますが、学部や学科まで記載するのが一般的です。転職をする方は職歴が一つ以上はあるので、職歴を記載します。また、職務経歴書を準備する方は履歴書内の職務経歴は簡潔に述べて、職務経歴書に詳しく記載するといいでしょう。



転職の利点について



このように履歴書を記載する際のコツはいくつも挙げることができますが、転職をすることでどのような利点を得ることができるのか把握しておきたい方もいるでしょう。利点は収入の増加を期待できる点です。転職する全ての方が収入が増えるということはありませんが、今よりも待遇の良い職場を選択して面接に向かう人も多いので、収入の増加は期待できます。

その他にも評価をリセットすることができます。基本的に職場で働いていると人事や上司から自分を評価される機会は多く、評価によって配属される部署や年収が異なることも珍しくありません。転職することで評価がリセットされるので、別の会社で自分を再評価してもらうことができます。また、評価だけでなく会社の同僚との関係などもリセットすることができます。転職をすれば新しい環境で働くことができます。同じ職場で長く働いているとマンネリ化することもあるので、転職することでそれを防ぐことができる可能性があります。

新しい職種に挑戦することができる点も利点です。確かに転職をする時も前職の経験や資格を活かすことで採用に有利に働くことも珍しくありませんが、新しいことに挑戦したいという方も珍しくありません。同じ会社にいると新しい職種などに挑戦することができない場合もありますが、転職をすれば一から就業先を探すことができるので、自分のやりたい職種に就ける可能性があります。



転職者の求人の選び方



転職者の中には自分に合った求人を探したいと考える人は多くいますので、選ぶ際にはどのようなポイントを確認すればいいのかを紹介します。

まず求人を見る時に確認しておきたいポイントは年収になります。それぞれの求人で年収は異なり、実際に年収アップのために転職を希望する人もいるので、確認しておきたい部分になります。また、年収以外にも福利厚生も確認します。福利厚生とは給与以外に会社から受けられる報酬のことになります。例えば会社の中にはジムの利用をすることができるところなどもあります。健康的な生活やプライベートを充実させたいと考える人は給与よりも福利厚生などを慎重に把握して自分好みの会社を選択している人も多いです。

また、業種によっては残業が多いところもありますが、求人の中には残業時間が少ない会社もあるので、ビジネスタイムだけでなくプライベートな時間も大切にしたい方はできるだけ残業時間が少ないところを選択されてみてはいかがでしょうか。