HOME > コラム > 観光地京都ならではの接客業は地元密着型の求人サイトで

観光地京都ならではの接客業は地元密着型の求人サイトで

京都・大阪の観光地で接客業の職探し


京都・大阪などの観光地では、常に接客業のアルバイトを募集しています。地域に密着している求人会社では、ウェブサイトでの紹介や、フリーペーパーを発行していて人の集まる駅構内やショッピングセンター、繁華街の居酒屋などに無料で配布しています。2020年の東京オリンピック開催に向けて、各地の観光名所ではバリアフリー化を目指して、工事が推し進められています。また、観光地への集客率を倍増するために次々と新しいホテルなどの宿泊施設を造るための建設ラッシュが続いています。
活気あふれる京都や大阪でも、古い町並みに宿泊施設を造る計画がありますし、飲食店なども続々とオープンしているのです。夜ならば、学生たちがアルバイトに精を出してがんばっていますが、早朝から夕方にかけて募集している店舗も多くあります。年中、観光客で賑わう京都や大阪ですから、個人旅行で訪れる人や団体旅行客までものすごい数の人たちが押し寄せてきます。例えば、団体旅行ですと早朝からバスで移動するのが一般的ですが、観光名所にあるお土産屋さんでは、7時にはオープンして観光客を迎えるところも多くあります。観光地として地元ならではの店舗で働くという選択肢も悪くはありません。地元に密着している求人サイトであれば、多くの地元住民が見てくれます。子育ての合間に働きたいと思っている女性や、学校に行く前に働こうと思っている大学生に働くチャンスが訪れるというものです。
また、観光地ならではの接客業として多いのがホテルなどの宿泊施設です。英語や中国語が話せるのであれば、フロントなどが必要とするでしょうし楽しく働けるでしょう。

職種も色々な京都・大阪の接客業


京都や大阪などの観光名所では、多くの接客業を必要としています。これら関西では、数年前から海外からの観光客が大勢詰めかけていて、宿泊施設の部屋数が足りないとか、スーツケースを持ったまま市バスに乗ってくるから地元の人たちが乗れずに困っているなど、社会現象にもなっています。街中では、右往左往している観光客に道案内したり、おいしい食事所を教えてあげるボランティアも大勢いますが、それでも世話をする人たちの数は圧倒的に足りない状態なのです。これは、昼時の飲食店でも席が足りずに食事にあり付けないことや、夜の繁華街でも同じような状況が起きてしまうことも多々あります。店内がスムーズに回転しないのは、やっぱり人員不足が原因であることが多いです。
せっかく地元の求人サイトがあるのですから、観光地ならではの接客業で働くことを考えてみるのも一つの方法です。もちろん、夜の接客業も人気の職種です。居酒屋だけでなく、大人が集う酒場が無数にあるのが観光地ならではです。これらの飲食業での接客は、海外のお客様も多いですが、個人の旅行客や会社帰りのサラリーマンまでかなりの人数が訪れますので、仕事の内容としては大変なことも多いです。しかし、時給が高いので働きがいもあります。
時給が高いと言えば、工事現場などの建設作業が挙げられます。求人サイトに多くの募集広告が掲載されていますが、建設ラッシュが続く観光地なので大型案件が多い傾向にあります。自分が携わった現場が有名ホテルなどの施設になることもあります。どちらにしても求人が多いエリアとなっています。

京都など地元ならではの接客業や現場作業


京都・大阪で職探しをしているのであれば、大手の求人サイトよりも地元の求人会社を利用する方が見つかりやすいこともあります。地元ならではの、地域に密着している会社ですので、求人も小さな店舗から大きな企業まで様々な職種が掲載されています。そのため、どのような働き方を望むかによって職探しを行うことが可能です。
ウェブサイトを利用するのであれば、どの地域を希望しているのか、沿線や駅名などの入力から、細かな部分ですと職種や仕事内容まで指定することができます。営業職や接客業、工事現場関係は募集も多く出ていることから、その分チャンスも訪れる可能性はあります。働き方として、正社員・契約社員・派遣社員・アルバイト・日雇いまで選ぶことができますし、時給や日給を一定水準以上で検索をかければ希望する職場が紹介されるでしょう。
観光名所として、京都や大阪は東京などの都心部と同じようにものすごい数の求人がありますので、徹底的に地元で働くために職探しをしてみることをおすすめします。働き手を募集している店舗や企業も大手の求人サイトに頼らずに、地元型の求人会社を利用するべきでしょう。働こうと思っている相手は、地元の人たちです。自宅や学校から通いやすい職場を探している人たちは大勢います。そのような人たちに対して地元住民が見ることのできるフリーペーパーに求人を載せたりすれば、多くの人の目にとどまります。どこの店舗かわかっていれば応募もしやすくなります。