HOME > コラム > 短期のアルバイトをしよう

短期のアルバイトをしよう



短期のアルバイトのメリットを知ろう



日本には雇用形態がたくさんありますが、アルバイトという雇用形態を選択してお仕事をスタートさせる人は多いです。この雇用形態の中でも働く期間が長期のタイプと短期のタイプがあります。短期でアルバイトをしている人も多く、多くのメリットが存在します。例えば高時給な求人が多いことです。就業場所や地域によっても異なりますが、1,000円以上の時給を支給してくれるところも多くあります。1,000円以上の時給をもらえる求人は長期のタイプには少ないことが多く、高時給という点で魅力を感じる人も多いです。その他のメリットとしては未経験者でも面接を受けられる点です。普段から求人を見ている人の中には理解できる方も多いですが、長期のアルバイトにおいては経験者しか応募できないところや、資格が必要な求人も存在しています。一方で短期においては未経験から始められるお仕事が多いです。そのため、幅広い人が面接を受けることができます。未経験からでも応募ができるので、以前から挑戦してみたかったお仕事の求人に応募して合格すれば働くことができます。

また、未経験者でも応募できる求人は比較的作業を開始しやすいお仕事が多くなっています。複雑な作業を要求されるお仕事では就業したばかりの時、指導をしてもらいお仕事を覚えなければなりません。覚えるまでに時間がかかるケースもありますが、それとは異なり短い時間で覚えられる可能性もあるので、スムーズに就業を開始したい方の中には実際に応募をしてお仕事を開始している人も多いです。日払いや週払いをしてくれる求人もあります。例えば週払いや日払いを受け付けてくれる求人に募集をして働くことが認められれば、その日にお給料を頂くことができるので、晩御飯のお買い物にその費用をあてることができたり、好きな洋服を1日働いた後に購入したりすることが可能です。給与支給の日を待つ時間が少ないので、一定のメリットを感じることができる人も少なくないでしょう。

掛け持ちができるという点もメリットの一つです。就業場所の中には掛け持ち禁止のところも多いですが、短期のアルバイトにおいては他のお仕事と掛け持ちしてお仕事をしている人が多いです。掛け持ちをすることができれば、時間に余裕がある日にシフトを入れてお仕事をすることも可能です。その他にも友達と一緒に働くことができる点や、履歴書がいらない等たくさんのメリットがあるので、求職中の方は一度短期のアルバイトを開始してみてはいかがでしょうか。



短期アルバイトの求人、選び方のコツとは?



短期のアルバイトは複数の求人があるので、どのようなお仕事内容が自分に合っているのか知りたい方も少なくないでしょう。選び方のコツは採用期間に注目することです。短期とは主に雇用期間が三カ月以内のものを指しています。そのため、求人の中には三カ月間継続して働いてほしいところや、一週間などの短い期間のみのところもあります。特にダブルワークをしている人や学生においては働ける期間に限りがある方もいるので、どのぐらいの期間働くことができるのかをあらかじめ確認してから選択をするようにしましょう。

その他の選び方のコツとしては就業場所です。当然ではありますが、就業場所はそれぞれの求人で異なるので、一般的には通いやすいところを選択することになります。通いやすいと言える場所はそれぞれの就業を検討している人で異なるので、まず就業場所がどの位置なのかスマホの地図アプリなどで把握して通えそうかどうかを検討しましょう。

その他にも履歴書の有無についても確認します。短期のお仕事の中には履歴書が不要な求人もあるので、履歴書の有無を確認して適切な対応をとります。1日に働く時間も確認します。例えば求人の中には8時間以上就業しなければならないところや、逆に1日の労働時間が3時間未満のところもあります。お仕事を終えた後に働きたい人や主婦の方は1日に働くことができる時間に限りがあるでしょうから、労働時間を確認して自分に合った求人を選択しましょう。



短期のアルバイトをするために求人サイトを活用しよう



短期のアルバイトをするために、今では求人サイトを活用している人は少なくありません。求人サイトには幅広い求人が準備されているので、豊富な種類から自分に合ったお仕事を選択できる可能性があります。さらに求人サイトは自宅からでも求人を閲覧することができます。例えばネットワーク環境が整っているのであれば、スマホやパソコンから求人を確認できるので、求職中の職探しをサポートしてもらうこともできます。

また、求人サイトの中にはサポートをするために面接のマニュアルなどをサイトの中で掲載してくれるところがあります。応募の際の電話のマナーや面接のマナーなど、このような情報を活用すれば相手に不快感を与えないように面接を受けられる可能性があるので、一定のメリットを感じることができるのではないでしょうか。