HOME > コラム > 滋賀県で効率よく転職するための方法を知っておく

滋賀県で効率よく転職するための方法を知っておく



求人を探すことから始める



琵琶湖や信楽焼きなどで有名な近畿地方の東部に位置する滋賀県は、少子高齢化で人口が減っている現在でも、近畿で唯一人口が増加している県になります。人口が増加しているには当然理由があり、それは住みやすくて仕事がしやすいという点です。そのため、近隣の地域から滋賀県にある会社へ転職してくる人が少なくありません。そこで滋賀県内で転職するためのポイントを紹介します。

まずは求人探しを行う必要があるのですが、求人探しの方法は複数存在しています。最も一般的な方法は、ハローワークへ行って登録するという方法です。ただし、ハローワークを頻繁に利用しない場合であっても、事前に登録だけは済ませておきましょう。失業保険の受給資格がある場合、ハローワークに登録をしていないと、失業保険をもらうことができなくなります。

次に求人雑誌を購入、もしくは無料で配布されている雑誌で探す方法です。特に無料配布されている求人雑誌の場合には、地域密着の求人に絞って記載されているので、自宅から近い会社を探しやすいです。そして現在最も利用しやすいオススメの方法が、インターネットの求人サイトを使うという方法です。これなら広範囲の求人も簡単に探せます。

中には登録しなければいけないサイトもあるのですが、登録なしでも利用できる場合があるので、ぜひ利用してみましょう。できればこの全ての方法を用いて求人を探すことで、より効率的な活動ができるようになります。また、1社面接に行ったからと言って、結果が出るまで待つ必要はありません。複数の会社を受けることは違法ではありませんし、他の人も当たり前のように行っていることです。こうすれば効率的に素早く転職できる可能性が上がるでしょう。



履歴書と職務経歴書の対策



滋賀県などで就職したい職場が見つかったら、今度は面接を希望する旨を伝えるために電話やメールなどで連絡を取らなければいけません。これは滋賀県内であっても同様です。面接のときに必要になるのが履歴書ですが、近年では面接を行う前に、書類選考を行うケースは珍しくはありません。書類選考を行う場合には、履歴書だけではなく職務経歴書が必要になることもあります。

よって履歴書の対策と、職務経歴書の対策をきちんと練っておかなければ、書類選考で落とされてしまうこともあります。まずは丁寧な字で書くことです。パソコンで作成可能な企業もありますので確認すると良いです。履歴書で重要なのは、やはり志望動機でしょう。志望動機が1番何を書くべきか迷ってしまう点なのですが、担当者が最もよく確認する項目なので、きちんと記載しておかなければ合格は難しくなるかもしれません。

職務経歴書は、ただ経歴などを並べて書けばよいというわけではありません。誰でもわかるように専門用語などは避け、簡潔に記載することが重要です。もちろん簡潔すぎてもいけないので、このような経歴であるということがきちんとわかるように記載しておきましょう。退職理由や就職した理由などを書き足しておくとより合格率を上げることができます。

記載した履歴書や職務経歴書は、封筒にきれいに折って入れておくようにしましょう。これは書類選考時に書類を郵送するときだけではなく、面接に行くときでも一緒です。もし受け取った側が、雑に折り曲がって汚くなっていた書類を見たら、いい加減な人だと思われてしまう可能性があります。そうらないように書類というのはきれいな状態で相手に渡すのが転職を成功させるポイントです。



面接対策も事前に練っておく



転職活動で最も重要なのは、面接の対策を練っておくことです。面接のない会社というのは、ほぼ存在していないので必ず行うようになります。では、どのような対策を練っておくのがよいのでしょうか。まず面接時間の10分前には到着するようにしましょう。そのため、道などはあらかじめ調べておくようにしましょう。インターネットであれば、滋賀県内全ての鉄道の時刻表や、道なども調べることができます。なお、あまり早く到着しすぎるのも会社に迷惑がかかる場合があります。

次に服装ですが、スーツを着ていくのが望ましいでしょう。スーツがきれいな状態なのかも事前に確認しておく必要があります。そして会社に到着をしたら、必ず挨拶をしてから面接に来たことを告げましょう。ここまで来たら、後は受け答えがスムーズにできるようにイメージトレーニングをしておくことが重要です。

基本的に聞かれる内容というのは、どこの会社でもそう大きく変わることはありませんので、最低でも以前の会社はなぜ辞めたのか、なぜこの会社を選んだのかという志望動機、自分の短所や長所、就職後の目標ぐらいは必ず答えられるようにしておきましょう。また、最後に何か質問がないか聞かれることも多いので、1つぐらいは質問をした方が良い印象を得られるかもしれません。

面接が終了したら、必ずお礼を言ってから退室しましょう。これも必要最低限の礼儀なので、おろそかにすると不採用になるケースがあります。これで面接は終了になるのですが、できればこれで安心するのではなく、合格の連絡が来るまでは転職活動を続けておくのが得策です。そうすれば万が一不合格になっても、時間を無駄にしてしまうことはありません。