HOME > コラム > 求人掲載をしようと考えるなら知っておきたい注意点

求人掲載をしようと考えるなら知っておきたい注意点




求人を出すときには注意点をよく理解することが重要



求人掲載を考える時、企業や事業主はよりよい人を雇用したい、仕事に適切な人を雇用したいと考えています。しかし求人広告の掲載によって、求人をみている方が誤解するような表記もありますし、法律に沿っていないことがかかれている場合もあります。

法律的に問題のない求人掲載を行う必要がありますので、求人広告のノウハウを持っている業者、また法律などを深く理解されているサイトなどを利用することが求められます。求人掲載の際には、関係してくる法律がありますが具体的には雇用対策法、男女雇用機会均等法、職業安定法という三つの法律が関わってきます。

雇用対策法は求人の年齢制限の禁止などを定めていて、男女雇用機会均等法は職場において男女平等などを定める法律です。職業安定法は起業による労働者募集について定めている法律です。このような法律全般にいえることは、労働者の権利を守るということが強く主張されています。雇用する側は自由に採用基準を決めていい採用の自由を持っているのですが、募集という段階においては、求人を求める人の権利が尊重されるということです。

募集する時、つまり掲載段階では募集要件を最低限にとどめて職を求める方に大きく門を広げておきなさい、応募する機会を与えなさいということです。サイトにしても新聞や雑誌などにしても、雇用する側が自ら店頭に張り出す広告についてもこの求職者側に権利を尊重するという広告が求められます。

してはならないこと、広告に掲載しては法律に違反する内容もありますので、こうしたことに詳しいサイトなどに広告を掲載してもらうことが必要ですし、求人掲載について法律などの注意点をよく理解しておくことも重要となります。



違反を避けるために求人サイト選びは慎重に



求人掲載を行う場合に掲載する側として、求人を限定することは法律違反になります。例えば、体力のある男性を歓迎しますとか、徒歩通勤できる方に限りますという求人広告になると、これは限定ということになるので法律に違反した広告となってしまいます。

資格についてもその広告の仕方によって、限定と取られることがありますが、配送の仕事の場合、免許を持っていることは仕事上絶対に必要な事となるので、ドライバーについては運転免許必須と掲載できますし、看護師の募集については看護師免許必須と書いても、職務上必須となる資格については問題ありません。

問題となるのは必須ではない、でも持っていてほしいと雇用主が考える資格などを求める行為です。この場合、資格を持っていない人も仕事ができるのに、資格を持っていない求職者を排除するということに捉えられても仕方ありません。

男性歓迎とか女性歓迎という言葉、また徒歩通勤できる方とか、通勤に30分以内の方などの掲載、年齢を限定する30歳以下という限定も法律に違反すると思われてしまうことがあります。このほかにも、明るくて元気な方とか、長髪は不可などの表記についても、実際にこうした表記を求人掲載に見ることが多いのですが、求職者の限定に当たるとされるため、掲載において気を付けたい注意点の一つです。

実際に、こうした広告を作り慣れていない人からすれば、掲載できないことだらけなのです。しかしこうしたいけないことを理解し、法律を深く理解されている広告業者、サイト経営業者は法律に沿い、それにプラスしてほしい人材を確保できる言葉をしっかり用意してくれます。広告を打ち出す業者、サイトはしっかり選ぶ方が安心です。



求人掲載はサイトとフリーペーパーの同時利用で



求人掲載を考えている場合には、どこに依頼して広告展開を行っていくかということも重要となります。全国展開しているサイトであっても、広告を見る人が多くないという場合、募集がそれほど集まらないということもあります。また広告掲載を望む業者が、どのエリアで広告を特に打ち出したいのかなどを考慮して広告できるところが安心です。全国に広告を出すということではなく、求人を自分の会社がある地域周辺で出したいという場合には、地域密着型の求人情報誌やサイトを展開している広告業者の方がより迅速の対応してくれるでしょう。

最近はスマートフォンなどでインターネットを利用して求人を探すという方も多いのですが、じっくり検討したいという方の中には、フリーペーパーなどを参考に探す方もいます。ファストフード店やファミリーレストラン、コンビニなどで求人を広告できるフリーペーパーなら、募集したい周辺に絞って広告を強く打ち出すことができますし、遠方からの人はなるべく避けたいという場合にも、最適な情報誌となります。

地域で就職を探しているという人の多くが、こうしたフリーペーパーにも目を通すことが多いので、インターネットサイトへの広告を行いながら、フリーパーパーへ求人募集をかけることが可能な業者を選ぶと安心でしょう。フリーペーパーやインターネットへの広告ならそれほどのコストもかからず、有効な求人広告を掲載することができます。