HOME > コラム > 求人掲載のポイントとプロへの原稿依頼をする方法

求人掲載のポイントとプロへの原稿依頼をする方法

求人掲載の難しさ


最近ではどこの職場でも人手不足と言われています。そのため、多くの職場では新たに働いている仲間を探しており、求人広告を打ち出しています。店頭での張り紙以外にも、求人雑誌やインターネットの求人サイトといった場所に求人掲載をしており、たくさんの人からの募集を待っている状況です。しかし、掲載をしたからといって常にたくさんの人から応募が来るわけではありません。
残念ながら求人掲載をしてもリアクションが数件しか来ないことも少なくありませんし、場合によっては全くリアクションがないということもあります。掲載するのも無料ではなくお金を支払っていますし、原稿作成や写真撮影、掲載先によってはインタビューの時間を作って準備をしていますから少しでも多くの人に面接に足を運んでもらいたいですし、人員が足りている状況にしたいと考えています。
少しでも早く優秀なスタッフに来てもらうためには、求人掲載のポイントを理解して上手に原稿を作成することが重要です。少しでも興味関心を持って、働きたいと思ってもらうためには掲載している情報が魅力的なものでなければなりません。ポイントを絞って内容を掲載し、条件や仕事内容以外にも魅力的な職場であることを伝えるためには、少ないスペースに何を書くかしっかりと吟味することも大切です。
最近ではインターネットで求人情報を閲覧する人も増えており、インターネットであれば写真も掲載することができます。そこで、文字だけでなく写真でも職場の様子や魅力を伝えることが可能です。与えられたコンテンツを最大限に利用して、しっかりと自社の強みや良いところを仕事を探している人たちに伝えましょう。

求人掲載のポイント


求人掲載にあたっては、まずは少しでも多く面接に来てもらえる内容にすることが重要となります。自社で働くスタッフには、少しでも優秀な人に来てほしいと思うものです。応募者の中から一緒に働くスタッフを選べる状況にするためにも、少しでも多くの人に面接に来てもらう必要があります。また、多くの人が足を運んでくれれば、より優秀な人が来てくれる確率も高くなります。
このような応募者を増やすためのポイントとなるのが、自社のアピールできる部分をしっかりと伝えていくことです。例えばアルバイトの求人で学生を希望する場合には、「仕事日は固定ではなく毎週シフト提出が可能」とか「自分の都合の良い時間でOK」といったフレーズがあると格段に魅力的になります。学生の場合は、部活やサークル活動、学校の試験がありますから勤務日数や時間が柔軟な対応をしてもらえるとわかれば応募も増えます。もちろん、このような記載をするとしっかりと働きたいパート主婦から敬遠される不安があります。そこでしっかり働きたい人に向けて「長時間勤務も大歓迎!」といった文言を加えたり、どちらのタイプにも該当するように「スケジュールは自己申告制なので柔軟な対応ができます。」といった表記にしたりすることもポイントです。
それ以外にもアピールできるポイントというのは色々とあります。制服が可愛い、駅から近い、まかないが有る、就職して役立つ知識を学べる、といったことはアピールできる内容です。それ以外にも、職場の雰囲気が良いことや先輩が丁寧に仕事を教えてくれるといったことも安心して応募をしやすくする内容としては適切です。

求人掲載の原稿をプロに依頼


求人掲載の原稿に載せるべきポイントがわかったとしても、それを実際の原稿として仕上げるのはなかなか大変なことです。うまく書くためには何度も推敲しなければならないですし、仕事をしながら合間で原稿を書くとなると手間もかかります。そこで、最近では自分たちで原稿を書くのではなく、求人掲載の原稿を書くプロに依頼をするという人も増えています。
プロが原稿を書いてくれれば、自分たちの会社のことを端的な情報でまとめてくれ、なおかつ魅力的なポイントをまとめて読みやすく興味関心を持ちやすい内容を作成してくれます。自分たちでは気付いていなかった魅力を知るきっかけにもなりますし、逆にウイークポイントを知るきっかけにもなります。ただの原稿作成の依頼だけでなく、自社がさらに躍進していくための分析の役割も果たしてくれるのです。
もちろん作成依頼をすれば原稿料は発生します。しかし、自分たちの書いた求人内容でなかなか応募者が現れずずっと掲載を続けるよりも、原稿料を払ってでも早く希望するような人材を採用できれば求人掲載料のロスも少ないですし、会社としても人員不足の状態を早く抜け出すことができます。トータルで考えると原稿料が発生したとしても、それ以外の面でのコストが削減できる可能性が高くなるのでコストパフォーマンスは決して悪くないでしょう。お金の発生することですから簡単に決められないですし、どこに原稿依頼をするかも悩むものです。すでに書かれて掲載されている原稿や依頼料、評判といったものを総合的に判断して依頼先を決めるようにしましょう。