HOME > コラム > 建築・製造などの現場関係の仕事を探す際には

建築・製造などの現場関係の仕事を探す際には

これから職探しをしようと考えている方のために


職業にもさまざまな種類が存在し、それぞれに特徴の違いがあります。そのような状況の中で仕事を探すにあたっては、一つひとつの業界や職種の相違点を把握し、自分の適性やニーズ、希望条件と照らし合わせて間違いのない判断をすることが大切です。
例えば、現場で取り組む仕事のカテゴリーには、建築・製造などが含まれます。これらは、建築現場や工場などにおいて、それぞれの割り当てられた作業をこなすというのが基本的な仕事内容です。現場関係の仕事では、数多くのスタッフが協力し合って、一つの建物や製品を作り出すこととなります。そのため、チームワークの大切さを学びたいという方にもおすすめの職業です。また、さまざまな建築物・製品は、私たちが日常生活を営む上でなくてはならないものであるため、それらを生み出す建築・製造の仕事は、社会的な貢献度も高いものと言えます。その一方で、現場で行なう作業の中には、一人で黙々と取り組むものも存在します。そして、そのような仕事は商品の販売員や飲食店のホールスタッフなどとは異なり、顧客に直接サービスを提供する機会が少ないため、そういう意味での精神的なプレッシャーは低いです。
現場関係の仕事の中には、定型的な作業もあります。例えば、工場では、生産ラインの流れに合わせて、商品を箱詰めする作業を繰り返す仕事も募集されています。その種の仕事は、仕事の内容やコツを覚えるまでにかかる時間やエネルギーが少なくて済むというメリットがあります。したがって、現場関係の仕事に初めてチャレンジするという人でも、問題なく取り組むことができます。その一方で、現場で働いた経験が豊富にある人や、専門性の高い資格を有する人は、それらの経験・資格に見合った仕事を探すことも可能です。そのように、自分の経験やスキルに合った仕事へ取り組むことにより、ミスマッチによる早期退職などのリスクが低まり、効率良く収入を得ることも可能になるでしょう。

現場関係の仕事にはどのような特徴がある?


建築・製造などの現場で取り組む仕事の中には、一人で黙々とこなす作業も存在します。これは、人間関係のしがらみに煩わされることなく、自分のペースで仕事をしたいという方にもおすすめの職種と言えます。このように、自分に合う仕事はそれぞれの人で異なりますが、これから現場関係の仕事を探そうと考える場合には、さまざまな案件の中から、自分に合ったものを選び出す必要があります。そのような目的を果たすためには、然るべきポイントを押さえた上で実際のアクションを起こすことが大切です。
例えば、同じように作業現場で働く仕事であっても、建築と製造では仕事をする場所に違いがあります。その内、建築作業を行なう場合、一つの現場で働き、建物が完成したら次の現場へと移ることになるでしょう。一方、製造業界の場合には、勤め先の工場ごとに求人募集が行なわれ、採用が決まったら、その工場で勤務することとなるのが基本です。それらのワークスタイルの内、どちらが良いのかは一人ひとりの適性によって変わってくるため、一概に結論を出すことができません。例えば、作業現場が変わる場合、変化のある環境の中で仕事に取り組むことができ、飽きを感じにくいというメリットがあります。また、一カ所で働き続ける場合には、環境が変わらないために、自分の仕事に慣れやすく、身についた経験やスキルを活かして仕事に取り組める可能性が高いというアドバンテージが存在します。

建築・製造などの仕事を探すにあたってのチェック事項


これから建築・製造などの仕事を探すに際は、案件の選び方もチェックポイントになります。例えば、工場で製造の仕事に取り組む場合、基本的には採用された工場で勤務することになります。そのため、勤務場所となる工場の立地条件や、現地までのアクセス方法を確認した上で案件を選ぶことが大切です。当然のことながら、交通面の利便性が高い立地条件にある工場や、自宅からほど近いエリアに所在する工場で働くことができれば、現地へのアクセスにかかるコストや時間、エネルギーは少なくて済むでしょう。また、交通の便が悪い場所や、遠隔地にある工場で働きたい場合には、寮などが提供される案件を選ぶという方法もあります。
さらに、応募する求人案件を選定するにあたっては、勤務時間にも気を配ることが大切です。これも、人それぞれに置かれている状況が異なるため、一概にどれが良いと言い切ることはできません。例えば、深夜の時間帯には特別手当がつくなど、収入が良くなっているケースが多くなります。したがって、短い期間でしっかりと稼ぎたい場合には、深夜帯の作業を行なう案件を重点的にチェックするのもおすすめの方法です。また、子育てをしながら仕事に取り組む場合、子どもとの時間を大切にするために、深夜の勤務を避けて、日勤の仕事を探した方が良いこともあります。