HOME > コラム > 女性がお仕事探しする時に知っておきたいポイントとは

女性がお仕事探しする時に知っておきたいポイントとは

どんな風に働く?お仕事探しはどこで行う?


今では、女性は社会進出を果たし、パート、アルバイトなどで働く方も多くなりました。正社員でキャリアを積まれている方も非常に多くなっています。男性顔負けの働きぶりを見せる方もいますし、取締役も珍しい事ではなくなってきています。しかし人生を長い目で見た時、結婚、出産など、キャリアの途中にブランクとなる期間が出てくることもあります。国としても女性の労働力は現代の人手不足の中、是非とも欲しい力となっているのですが、育児、保育支援をさらに向上させていかないと働き方、さらに少子化の問題も解決できないでしょう。長く勤められる先を見つけるというのはとても難しい事で、長く勤めたいと思ってもうまくいかないことも多いです。自分が納得して勤めることができるように、お仕事探しは「とにかく働ければいい」ではなく吟味していくことも必要です。この先、さらに働き方をしっかり考えていかなければなりませんが、お仕事探しの方法についてもどのように探したらいいのか、しっかり考えることが必要です。
現在お仕事探しをする場合、ハローワークは就職転職情報サイトなどから、働く地域や業種を絞り込み探されていると思います。しかしこうした方法以外にも、女性がお仕事探しする時、様々な方法があります。ハローワークやインターネットサイトの情報に頼ることなく、どのようにして仕事を探すのか理解しておくと幅広い職種から雇用を探すことができるようになりますし、自分が知らなかった仕事をみつけることができるかもしれません。
男性も女性も業種に垣根がなくなり、どのような職業でもチャレンジできるようになった現代、自分に合った職業を探すことが、スキルを向上させながら仕事を続けていくことにつながります。これから転職先を探す方、また就職先を探す方は様々な求人の見つけ方を理解し、自分にあった職業を選択していきましょう。

特化したサイト、幅広い業種のサイトをどう使う?


求人サイトを利用する場合も、何かの職業に特化したサイトもあれば、幅広い職業について紹介しているサイトもあります。一口に転職就職情報サイトといっても、サイトごとに特徴を持っています。一定の地域の求人情報を細かく網羅しているサイト、また一定の職業についてかなり多くの求人情報を集めているサイト等多数あります。医療系は昔から特化されたサイトが多いのですが、最近は介護福祉系の求人サイト等も非常に多くなってきています。
また全国的にいえることですが、女性のお仕事探しの中にサービス業、飲食店などの業種がかなり増えています。人手不足がどの業界でも深刻となっているといわれていますが、サービス業などの業界が特に人材不足で、仕方なく休業するなどのお店も多くなってきました。その他、外資系企業やベンチャー、中小企業系の求人情報が多いサイトなど、特化していなくてもサイト運営企業が得意とする分野について、サイト内に求人情報が多くなっているということもあります。
自分がどのように働いていきたいのか、それによって女性のお仕事探しも違ってきますが、情報サイトから雇用を求める場合には、既に目標となる業種があれば特化したサイトから、特に目標がないという場合には、幅広い業種が掲載されているサイトから、仕事を探してみるといいと思います。幅広い業種をみる事ができれば、その中に自分が知らずにいた業種を知ることもできます。また知っていた業種の中でもこんな仕事があったのかと別の働き方を知ることにもなりますので、色々と情報を収集してみましょう。

知人・縁故、何でもいいので情報をもらう


身近な人たちから情報を収集するということも一つの方法です。ハローワークや求人サイトだけではなく、お仕事探しをしようと思う時には自分の人脈をできる限り有効に使います。
女子会などを行う機会があれば、どこか働く場所がないか友人に聞いてみる、紹介してもらいたいと話しておくだけでも、何か仕事の情報を得た人から情報を得ることができるかもしれません。また同級生などの中で普段連絡を取っていない方にも連絡をしてみましょう。思い切って連絡してみれば求人情報などを教えてくれる可能性も否定できません。もしも紹介してもらえるようならしっかり感謝の言葉を述べて、就職先がその情報から決まったら報告し改めてお礼を考えるといいでしょう。
同窓会、飲み会などの人が集まる場所は、様々な情報を得るチャンスです。人付き合いが苦手という方も、少しずつ人脈を広げていくことで仕事の情報を得るチャンスに恵まれるかもしれません。転職を考えている女性なら、取引先の信頼できる方からいい仕事がないか聞いてみてもいいと思います。特に営業職の方は求人についての情報を企業や店舗から聞いている可能性が高いです。顧客と接する機会が多い人や、様々な企業を訪問する外回りの仕事をしている方にちょっと話をしておくと、どこかで求人情報を拾ってくれることも考えられます。
本気で仕事を探したいと思う時には、とにかく幅広い人に声をかけ、小さい情報でもいいので求人の当てがあれば連絡をしてほしいと伝えておきましょう。また、よくいく飲食店等があれば、そのお店の方にもお話しておくと求人について情報が入った時、教えてくれる可能性もあります。