HOME > コラム > 大阪の枚方で求人を探している方へ

大阪の枚方で求人を探している方へ


求人に応募する時の電話のマナーについて



大阪の枚方にはいくつか求人情報がありますが、実際に応募して働きたい人もいるでしょう。求人に応募する時は様々な方法がありますが、その中でも電話で応募する場合はマナーを守ってかけなければなりません。電話だから適当でいいとマナーに気を付けずにかけてしまうとそこで不採用になる可能性もあるので注意が必要です。では具体的に電話マナーは何があるのかについても紹介します。

まず1つ目は筆記用具の準備は忘れないようにすることです。電話での応募は全て耳から入る情報を覚えておく必要があります。しかし、頭で全て覚えるのは大変です。全て覚えておくためにもメモ用紙やボールペンなどメモが取れるように準備してからかけることがポイントです。

2つ目に静かな部屋でかけるようにしましょう。携帯電話で電話をする場合、聞き取りにくかったりすることもあるので、聞き返さないためにもなるべく静かな部屋でかけるように心掛けましょう。

3つ目のマナーは電話する時間を選ぶことです。例えば夜遅い時間や、朝早い時間を避けたりすることは基本ですが、その他にも始業、終業、昼休みの時間帯などはバタバタしていることも多いのでできる限り避けるのがポイントです。悪い印象を与えないためにも他の時間帯で電話をかけるようにしましょう。

その他に4つ目として、落ち着くことです。早口になると相手も聞き取ることができません。スムーズに電話で応募をするためにも落ち着いてゆっくりと必要な情報を話すようにしましょう。このように、面接だけではなく電話でのマナーも大切なので、電話で応募がある方は特にチェックしておくことがポイントです。



面接のマナーを事前に身につけよう



実際に採用されるかどうかは色々な判断基準がありますが、その中でも面接は大切な要素になります。失敗しないためには特にマナーについてこだわった方がいいので、ここでは大阪の枚方で採用されるためにも基本的な面接のマナーについて紹介します。

まず1つ目に確認したいことは忘れ物や遅刻をしないことです。面接では履歴書や応募書類など持ち物が必要になることがあります。忘れてしまうと面接をしてもらえない可能性もあるので注意が必要です。また、質問がある場合は質問事項を予めまとめておくことも大切です。面接会場へいつ到着すればいいのか悩む方もいるかと思いますが、基本的なマナーとして約束の10分前くらいには到着するように支度しましょう。遅刻をしてしまうとそれだけで評価が下がってしまうことがあるので注意が必要です。

続いて2つ目に知っておきたいことは入室時のマナーです。面接では基本的に順番が回ってきたら名前を呼ばれます。名前が呼ばれたら面接室へ向かいましょう。この際ドアをノックせずに入る人がいますが、マナーとしてはドアをノックして面接官の合図があったら入室するようにしましょう。その後面接官に一礼をし椅子の横で待つようにします。着席と言われるまでは座らないようにするのがマナーです。

そして3つ目に面接中の態度にも気を付けましょう。人によっては無意識に猫背になったりする人や、手足を無駄に動かしたり、足を組んでしまったりする方がいますが、基本的にはこれらの態度はマナー的にあまり良くないとされています。基本は背筋を伸ばしてあまり動かないようにすることです。その方が印象もいいので態度が悪いと思われないように気を付けましょう。

最後に4つ目のマナーは正しい敬語を使うことです。あまりにも緊張しすぎると言葉が上ずったり、間違ったりしやすいのでまずは深呼吸をして気持ちを整えましょう。正しい敬語はその場だけで対応しようと思っても難しい為、事前に何が正しい敬語なのかを調べておくことが大切です。このように、マナーについて説明をしましたが、特に採用されるかは面接も重要になるので事前に正しいマナーは身につけておくと採用されやすくなるでしょう。



求人サイトの探し方について



大阪の枚方の求人を探している場合、求人サイトを利用する方も多いのではないでしょうか。しかし、実際に仕事を紹介しているサイトはいくつかあるのでまずは選び方が大切です。ここではどこを選ぶといいのかについて紹介します。

まず1つ目は大阪の枚方の求人を多く取り扱っているかを調べることが大切です。そもそも働きたいところの求人がないと意味がありません。できる限り探している地域の求人情報を豊富に取り扱っているところを選ぶようにしましょう。

また、2つ目は仕事の種類についてもチェックしておくことが大切です。職種はそれぞれ求人サイトによって異なります。あまりにも少ないと働きたい求人が見つからない可能性があります。できる限り職種は豊富に揃えている求人サイトを選ぶようにするといいでしょう。このように、選び方も重要になるので働きたい場所を見つけるためにも慎重に選ぶようにするといいです。