HOME > コラム > 京都の求人情報とインターネットへの求人掲載の流れ

京都の求人情報とインターネットへの求人掲載の流れ



求人掲載の方法



アルバイトや社会人として働く際、昔はハローワークに掲示されている情報を閲覧したり、働きたいと思っている職場の入り口に求人情報が貼られていないかということを確認したり、直接声を掛けて求人の有無を確認したりするというのが一般的でした。特に京都は観光客が多い地域であるために、観光業に就きたいと思えば、お土産物屋さんや観光案内所に声をかけると求人を募集しているというところを教えてもらうことができることも多くありました。

しかし、その後この探し方は非効率であるとして有料の求人雑誌が販売されるようになります。多くの企業が求人を募集している内容を記載しているもので、就職希望者は自分の条件に合う仕事を見つけ、連絡を取り必要な面接や履歴書送付といったことをするのが一般的な流れでした。しかし、この求人情報誌を有料で購入する時代から今では無料で閲覧することが当然の時代へと変化しています。求人情報誌はフリーペーパーとして配布されるものがほとんどとなっていますし、インターネットでも求人情報サイトができています。そのため、京都市内を中心として駅に行けば無料の求人雑誌が置かれていて自由にとってくることができますし、空き時間を使ってパソコンやスマートフォンからインターネットサイトの求人を確認することも可能です。

このように、求人の内容を探す方法も時代とともに変化をしています。昔は仕事を探すのもかなり時間を要していましたが、今は効率よく探すことができるようになっています。働きたい地域に行けば、その地域に限定した求人情報誌が無料で配布されていますし、インターネットで検索すれば条件を絞っての検索が可能です。これによって、仕事は昔よりも探しやすい時代となっています。



インターネットに求人掲載するメリット



求人掲載をするにあたって、今はインターネットの求人サイトに掲載をするのが最もメリットが高いと言われています。これは多くの仕事を探している人がインターネットで検索をしているためです。スマートフォンが普及したことによって、私たちは常に手元に小さなパソコンを持っているような状態になっています。パソコンよりもスマートフォンが便利なのは小型で持ち運びがしやすく、常にインターネットに接続ができるという点です。これによって常に情報の閲覧をすることができるようになりました。そのため、若い人を中心に通勤や通学の電車の中、お風呂の中、寝る前にベッドの中など、いろいろな空き時間を利用して常にインターネットで情報を収集することができます。求人情報を探すのも、このような空き時間を利用して検索している人が多いのです。

また、インターネットに求人情報を掲載すると、気になった職場は保存ができたり、すぐに面接の申し込みができる場合があります。気になった職場を保存しておけば、ある程度保存した職場が溜まったところで比較検討して気になるところに面接申し込みをしたり、いくつかの候補に絞って面接を申し込むこともできます。

希望する職種を探すのもとても簡単です。先に条件を絞ることができるので、京都市内でも特定の地域や沿線に絞っての検索ができますし、業種や待遇、時給といったものも事前に絞っての検索が可能です。これによって、効率よくすぐに自分の希望する職場を見つけることができ、なおかつすぐに面接の申し込みをすることができます。



求人掲載をする流れ



一般的には、求人掲載をするにあたっては掲載したい雑誌やサイトを見つけ、そこに申し込みをしていきます。京都市内にもこのような求人掲載をしているサイトも情報誌も複数あります。そこで、雑誌やサイトの特徴を見ていくつかに絞って掲載をしたり、全ての媒体に掲載をしたりということを選んでいきます。掲載の申し込みをするにあたって、原稿を自分たちで作成しなければならないところもあれば、掲載情報を作成してくれるところもあります。やはり素人で情報を作成したり写真を撮影したりすると、うまく自社の良いところが伝えられないものになってしまうことも少なくありません。

せっかく掲載料を支払って求人情報を掲載するのですから、少しでも早く優秀な人材に来て欲しいものです。そこで、自作の求人案内に自信がない場合には、プロが原稿作成や写真撮影をしてくれるところを選ぶのが無難でしょう。また、掲載した情報の公開エリアについてもしっかりと確認をすることが重要です。京都府内の自社付近の一定エリアに絞って掲載をするのか、はたまた広域にわたって掲載をするのかということは掲載料や職種によっても違って来ます。また、京都の場合には隣接する県の情報誌にも掲載をするかを考えることも必要です。

このように、掲載をしてすぐに応募があったり優秀な人材を確保するためには、しっかりと自社のアピールをすることが大事ですし、多くの人が閲覧するメディアを選び、効率よく掲載していくことが重要です。そこで、いろいろなサイトや掲載誌の読者数やサービス内容を比較検討してベストなものを選びましょう。