HOME > コラム > 京都のリゾートバイトについて

京都のリゾートバイトについて


リゾートバイトの魅力について



京都には様々なリゾートバイトが存在しています。実際に京都は観光地としても有名で日本全国から観光客が訪れますし、世界中からもたくさんの観光客が訪れます。魅力的な街として有名ですが、忙しい街でもあるのでバイトを募集しているところもたくさんあります。特にリゾートバイトなどを募集しているところも多いですが、具体的に働くことでどのようなメリットがあるのでしょうか。これから検討している方のためにメリットについて述べます。

まず1つ目はとにかく稼ぎやすいことです。基本的にはアルバイトと言っても毎日のように働くこともあります。中でも、リゾートバイトなら毎日働くことも多いので効率よく働けます。稼ぎやすいバイトなので今注目を集めている働き方です。

続いて2つ目のメリットは貴重な体験ができることです。リゾートバイトと言っても働き方はそれぞれ求人によって異なりますが、基本的には住み込みで働くということもできて期間中は仕事に専念できます。基本的なアルバイトでは経験することができないので貴重な体験です。また、働く場所もホテルや旅館などなかなかアルバイトでは経験できない場所で働くことができます。仕事自体も貴重な体験をすることができるので魅力的です。普段は出来ないような仕事をしたいと思っている人は選んでみてはいかがでしょうか。

それから3つ目は友達ができやすいことです。リゾートバイトは特に京都は人気が高いのでたくさんの応募があると言われています。基本的に一人で仕事をするということはなく、全国から働きたいという人が集まります。普段会ったことがない人たちと交流できるきっかけとなっているので友達もできやすく楽しく仕事をすることができます。

そのほかにも4つ目に観光などもできる可能性が高いメリットもあります。リゾートバイトはどちらかと言うと仕事をしている時間の方が長いですが、全く休みがないということはありません。休みをもらえる期間もあるのでその間に周辺をゆっくりと観光することも可能です。リゾート地で観光しながら仕事もできるのは魅力的で貴重な体験なので興味がある方は応募してみるといいでしょう。



リゾートバイトの持ち物について



リゾートバイトは種類によって異なりますが、住み込みで働くことが多いです。その為、採用されたら持ち物についても考えなければなりません。しかし、初めての人は何を持っていくべきか分からない方も多いのではないでしょうか。ここでは持っていと便利な持ち物について説明します。

まず1つ目は現金やクレジットカード、保険証です。京都の場合は基本的に問題ありませんが、例えば働く場所によってはコンビニまでも遠くお金をおろすことができないところもあります。その為、現金は予め用意して持っていった方がいいでしょう。また、慣れない土地で体を動かす場合、風邪などをひく可能性もあります。もしもの時のために保険証は忘れないようにするのがポイントです。

続いて2つ目は生活に必要な最低限のものを用意することです。まずバス用品は必要です。シャンプーやリンスなどホテルでは用意されていてもリゾートバイトの場合は自分で持ち込まなければならないことも多々あります。忘れると体や髪の毛が洗えなくなるので準備する必要があります。また、タオルやバスタオルも持ち込むといいでしょう。意外と忘れがちですがタオルなども必要になるので用意した方がいいです。

そして3つ目に必要なのが筆記用具です。バイト先ではメモを取らなければならない状況になることもあります。特に初めてだと仕事内容を頭で覚えるのは難しいです。すぐに仕事を覚えるためにもできる限りメモは忘れないようにするために筆記用具は持ち込むようにしましょう。このように、一部分ですが色々持ち込む必要がある道具がたくさんあるので、事前にチェックして忘れないようにするといいでしょう。



求人を選ぶときのポイントについて



求人を選ぶときにはリゾートバイトと言っても種類があるので慎重に選択しなければなりません。ここでは仕事を探しているという方のためにも選ぶときのポイントについて紹介します。

まず大切なのがどのくらいの期間働くのかを具体的に決めておきましょう。リゾートバイトによっては1か月から3か月、1年と長期で働くことも少なくありません。例えば学生なら1年という長期間のバイトは難しいと思うので、なるべく1か月など期間を見て選ぶことが大切です。期間を見ずに応募すると途中で帰らなければならなくなるので、迷惑をかけないようにするためにも事前にチェックしましょう。

また、リゾートバイトをしたいなら早めに応募することもポイントです。実際にリゾートバイトは大学生から人気で迷っているとすぐに採用の枠が埋まってしまいます。狭き門のところもあるので気になったら早めに応募するようにしましょう。