HOME > コラム > アルバイトの税金と求人探し方と種類について

アルバイトの税金と求人探し方と種類について

アルバイトの税金について



アルバイトは他の雇用形態と比較して自分の働きたい時間を選んでお仕事をすることができます。シフトを組む企業が多く、シフトが組まれる前までに出勤する日にちを決めておけば平日毎日出勤しなくてもお仕事をスタートさせることができます。子育てで忙しい方や家事もしなければならない人の中には平日フルに働くことができない方もいますが、アルバイトであれば旦那さんが会社に出勤している時間や子供を幼稚園で預けている時間を活用して働くことができます。そのため、フリーターだけでなく育児で忙しいお母さんも働きやすい雇用形態です。これから実際にこの雇用形態で働くことを検討している人もいますが、税金について気になる人も少なくないでしょう。

日本では働くと税金を課されます。しかし、すべての人が課されるということはありません。一定の額の収入を得ている人が税金を納める義務があります。そのため、アルバイトという雇用形態でもたくさんの給与をもらうと税金を納める義務が発生します。税金の一つに所得税があります。所得税の支払い義務が発生するのは年収が103万円を超える人になります。例えば毎月10万円の収入がある人は年間で120万円稼いでいることになるので所得税を支払わなくてはなりません。この103万円まで所得税がかからない理由は控除を受けることができるからです。所得税には所得控除と基礎控除があるので、その控除が最大で103万円になるため、103万円以下の収入の人は所得税を払わなくても済みます。

税金は所得税だけでなく住民税があります。住民税を支払わなくてはならない人は年収が約100万円を超える人になります。しかし、地域によっては控除を受けられる額が異なるので、市町村によっては確認が必要になります。現在では学生の方でもアルバイトをする人はいます。学生は主婦とは異なり、勤労学生控除を受けることができるので、所得税を130万円まで免除できる可能性があります。このように税金がかかりますが、もし被扶養者で世帯主が扶養者であれば扶養者控除を利用することができないので、世帯全体の手取りの額が減ることになるので、家計に影響を与える可能性があります。そのため、これから働くことを検討している人はできるだけ103万円以下に年収がなるように工夫をしたり、扶養者に働くことを事前に相談をしたりして了承をもらうようにします。また、約130万円を超えると社会保険の料金の負担も発生します。



アルバイト求人の探し方



税金について理解をすることができたら、実際にアルバイト探しを開始する人も少なくないでしょう。求人雑誌や求人サイトを見ればわかるように、数多くの求人があるのでどのような点を重視して求人を選ぶ人が多いのか知ることで選ぶ際にその情報を活用できます。まず条件に通いやすさを挙げる人が多くいます。通いやすさはそれぞれの人で異なりますが、例えば自宅から勤務地が近いことや、駅からアクセスしやすいなどの条件を挙げることができます。実際に限られた時間で通勤しなければならない人も多く、就業時間が終われば子供の幼稚園のバスの送迎が来るため早めに帰宅しなければならない人もいます。勤務地が近いことで移動時間を短縮することができるので、一定の利点を感じる人も少なくないでしょう。

その他にも自分に興味があるお仕事をすることを条件として求人を選択する人が多いです。実際に時給が高いなど収入の待遇の良さだけで求人を選択できる人は少ないのではないでしょうか。実際に求人に応募して合格すれば続けなければなりません。興味がないお仕事を継続させることは難しく、実際に興味のあるお仕事をしたいと考える人は多いです。できない仕事を選択しない人も珍しくありません。例えば事務のお仕事の経験のみの人が工事現場で働くことは少しハードルが高いです。そのため、求人を選ぶ時には自分ができるお仕事を探す人が多いです。



アルバイトとして働ける職種



日本にはアルバイトとして雇用してくれる職種はたくさんあります。例えば介護職です。介護職は実際にヘルパー2級など資格が必要なケースもありますが、職種の中でも人材不足に陥っています。正社員だけでなくアルバイトやパートでも雇用してくれるところがあります。また、資格が必要になるため他の職種よりも高い時給で働くことができる可能性があります。

その他にも事務スタッフです。事務スタッフは資格を求められない求人もあり、主に室内でお仕事をするので気温などの影響を受けずに働くことができます。求人の中にはレジチェッカーの募集もあります。レジチェッカーは運ばれたかごに入っている食品を一つ一つバーコードリーダーを使って値段を読み取りお会計まで行うお仕事になります。基本的にスーパーで働くケースが多く、夜勤などもないところが多いです。このように様々なお仕事を求人サイトでは扱っているので、あなたの好みの求人を見つけることができるのではないでしょうか。