求人マークス スタッフブログ

求人のお役立ち情報を発信

ホームページへ→
» 外資系企業で、英語が話せなくてもOKな職場ってあるの?

外資系企業で、英語が話せなくてもOKな職場ってあるの?

外資系企業というと、社外との交渉はもちろん、

社内においても外国人と英語ペラペラでコミュニケーションを

取るというイメージが世間一般にあるかと思います。

しかし、外資系企業だからといって、

必ずしも社員全員に対して高い英語力を求めているのかというと、そうとは限りません。

ba707b45043e0d45c0d011944178e4d5_s

 

 

外資系企業は、日本の企業よりも各人の職務内容が

しっかりと規定されている場合が多く、転職後に配属される部署や職種によっては英語ができないことが

それほど問題にはならないポジションも存在しています。

2d0232e2ed9dbfbbc3eb129d2f921281_s

 

また、アメリカ系大企業では社員の大半が日本人で外国人は

一部のトップのみ、ということも多いため、

英語を使う必要がほとんどないところもあります。

e77712cb11dcc35a9e14a877e3d2f08d_m

 

もし、今、英語ができないとしても、英語力というのは後から身につけられる能力です。

外資系企業に転職し、実際に実務の中で英語を使って仕事を進めていく中で習得することも可能です。

 

aaa25dd362a968aead083b327fbed22b_s

 

 

外資系企業といっても英語が必要かどうかは企業や部署によって違います。

英語ができない人にも門は開かれています。

 

c2b776fbad904355a22d351f36b88b1c_s

 

 

しかしながら、外資、国内企業を問わず今後企業勤めをしていくにあたり、

英語ができないと損してしまうかもしれません。

 

英語以外のアピールできる専門能力を磨くのは転職だけでなく、

今後のあなたのキャリアを成功される上での大事なキーとなることでしょう。

 

 

京都・滋賀の求人情報をお探しなら求人マークス

btn_logo