求人マークス スタッフブログ

求人のお役立ち情報を発信

ホームページへ→
» 高収入業界の求人数は本当に増えているのか?

高収入業界の求人数は本当に増えているのか?

転職市場がかつてないほど盛り上がり、

ほぼすべての業種で求人数が増加していると言われています。

 

 

仕事は内容ややりがいも大切ですが、やっぱり給料もほしいですよね。

今回は、高収入といわれる業界の転職事情についてご紹介します。

 

1. 流通業界【商社】

総合商社ではビジネスの多様性を重視しています。

そのため、異業種からの転職者が多く、例えば金融、メーカー系、コンサルティング会社、IT系、外資系といった業種から転職してくる方も多いです。

その道のプロフェッショナル、スペシャリストの採用は即戦力となります。

各社のサイトから直接「キャリア採用登録」をすることもできますので、こまめにチェックしておきましょう。

0f2890d83857f2d3e50d317c4ef807c2_s

 

 

2. コンサルティング業界

コンサルティング業界は、人材の流動性が高い業界といわれており、採用も活発です。

多くの会社が中途採用に重きを得ており、未経験者の採用もしています。

ですが、コンサルタントへの転職は、ハードルが高いといわれます。

あらゆる意味での能力の高さが要求され、論理的な思考力や仮説思考ができる高い問題解決能力、コミュニケーション力を磨く必要があります。

d3862c94c02de6dc09b1100dc56a50bc_s

 

 

3. 金融業界

金融業界は主に銀行、証券、損害保険、消費者金融・ローン、クレジットカード、リース、その他金融業界に分割されます。

金融業界の中でも銀行・証券の求人数は近年増加気味。

ただ、専門的な職種でスキルのある人材を1人だけ採用したいというピンポイント採用で、採用のスタンスとしても「いい人がいれば確保したい」というケースが多いため、選考のハードルはとても高いようです。

 

f23085a6f2d5f7167d7459f7291ca8eb_s

 

 

いかがでしたでしょうか。どの業界も、経験者やスペシャリストを求めています。

 

経験がない、あるいは浅い人は、

他業界で業務経験を積むなどして力を蓄えておくことが必要です。

 

京都・滋賀の求人情報をお探しなら求人マークス

btn_logo