求人マークス スタッフブログ

求人のお役立ち情報を発信

ホームページへ→
» ITにも種類がいっぱい!自分にぴったりのIT職種の選び方

ITにも種類がいっぱい!自分にぴったりのIT職種の選び方

ひとくちにIT業界といってもその職種は多岐にわたります。

どんな職種があり、それぞれどんなスキルが必要とされているのでしょうか。

***************************************************************************************

それぞれの業界の内容と代表的な職種をご紹介します。

◆インターネット業界・Web業界

・ Webデザイナー

webサイトのデザインなど主にビジュアル面を担当します。最近ではコーディングまでの作業を行うことも多く、美的センスに加え、様々な言語やソフトウェアを使いこなす知識が必要とされます。

・ Webディレクター

webサイト制作に関するすべての作業を指揮する仕事です。デザイナーやプログラマーなどのスタッフをまとめ、進行を管理する監督的な立場にあり、顧客と現場スタッフの橋渡し役を務めます。

◆情報処理サービス業界

・ ITコンサルタント

ITを活用して、顧客の事業戦略の現状分析、解決策の提案を行う仕事です。
特定の業種に関する深い専門知識をもとに問題を的確に把握し、改善案を提示し、顧客のニーズに合ったシステムや技術を提案します。

専門知識のほか、論理的思考力や問題解決力が必要とされます。

◆ソフトウェア業界

・ プログラマー

企業情報システムやゲーム、エアコンなどの家電製品や携帯電話など、機械の中に組み込むプログラムを開発する仕事です。

・ SE(システムエンジニア)

クライアントの求める情報システムを設計し、具体的な形にするため、プログラマー等をまとめてシステムを完成させるのがSE(システムエンジニア)の仕事です。

◆ハードウェア業界

・ 組込みシステムエンジニア

製品に組み込まれるシステム(組込みシステム)の開発を担当する職種を、組込みシステムエンジニアといいます。

 

***************************************************************************

IT業界への転職を考える場合は、その業態・職種が扱っている内容にやりがいを感じられるかどうかを重視すると共に、具体的なキャリアプランを描いておくことが重要です!

京都・滋賀の求人情報をお探しなら求人マークス

btn_logo