求人マークス スタッフブログ

求人のお役立ち情報を発信

ホームページへ→
» 京都 蓮華王院 三十三間堂

京都 蓮華王院 三十三間堂

こんにちは。京都・滋賀で求人情報を配信している求人マークススタッフブログをご覧いただき、誠にありがとうございます。

本日は千体千手観音立像でおなじみ、「三十三間堂」をご紹介致します。

三十三間堂

正式名は、蓮華王院で、その本堂が「三十三間堂」と通称されます。

「三十三」という数は、観音菩薩の変化身三十三身にもとづく数を表しています。

1164年(長寛2)鳥辺山麗(現、阿弥陀ヶ峯)の後白河上皇自身の「法住寺殿・ほうじゅうじどの」と呼ぶ院御所内に平清盛が創建しました。

ところが、そのお堂は約80年後に焼失してしまうのですが、すぐに1266年(文永3)に再建されました。

その後、室町・桃山・江戸そして昭和と4度の大修理により700年間保存されています。

長いお堂は和様の入母屋・本瓦葺きの「総檜造り」で約120m。正面の柱間が33あることから「三十三間堂」と呼ばれ、堂内には1001体もの観音像が祀られています。

また見落としがちですが境内・南の通称「太閤塀」と呼ばれる築地塀と南大門は、ともに豊臣秀吉ゆかりの桃山期の気風にあふれた重文・建造物です。

三十三間堂

 

1000体の観音立像

前後10列の階段状の壇上に整然と並ぶ等身大の1000体の観音立像は圧巻で、三十三間堂内の目玉でもあります。

 

1000体の中、124体は、お堂が創建された平安期の尊像、その他が、鎌倉期に16年かけて再興された像です。

その約500体には作者名が残され、運慶、快慶で有名な慶派をはじめ、院派、円派と呼ばれる当時の造仏に携わる多くの集団が国家的規模で参加したことが伺えます。

また、立像の中には、会いたい人に似た顔の像があるとも言われています。

1000体もの像をくまなく探すには時間が掛かるかもしれませんが、じっくり観察するにはおすすめの場所です。

三十三間堂

■ 基本情報

・名称: 蓮華王院 三十三間堂

・住所: 京都市東山区三十三間堂廻り町657

 ・アクセス:JR 京都駅より

                  市バス100・206・208系統10分、バス停「博物館三十三間堂前」下車スグ

                  京阪七条駅より

                  徒歩7分

・開門時間:8時~17時(11月16日~3月は9時~16時) 受付終了は各30分前(年中無休)

・拝観料:一般600円・高校中学400円・子供300円(25名様以上は団体割引)

・電話番号:(075)561-0467

・公式サイトURL: http://www.sanjusangendo.jp

 

 

三十三間堂

京都・滋賀の求人情報をお探しなら求人マークス

btn_logo