求人マークス スタッフブログ

求人のお役立ち情報を発信

ホームページへ→
» 世界遺産、京都二条城

世界遺産、京都二条城

こんにちは。 京都・滋賀で求人情報を配信している求人マークススタッフブログをご覧いただき、誠にありがとうございます。

最近関東の方で、震度5の地震がありましたが、ここ京都でも少し揺れがありました。

京都は歴史的文化遺産も多く、耐震性の不足の影響で、公開が中止された場所もあります。

地震速報に備えましょう。

さて、本日は京都のお城といえばここ、「二条城」をご紹介致します。

二条城

二条城は江戸時代、徳川家康によって創建されました。

1603年家康が造営した当時、現在の二の丸御殿と天守部分だけでした。

その後、第三代徳川家光が寛永の大改修で二条城の西側に本丸御殿と天守閣を整備し、ほぼ現在の形となりました。

一方家光が増築した本丸部分には、元々本丸御殿や五層の天守閣がありましたが、度重なる火災で焼失し、現在は京都御所にあった旧桂宮御殿が移設されています。

 

二の丸御殿

二の丸御殿

二の丸の中心になる建物が二の丸御殿です。

東大手門から入ると右斜め前方にある建物です。

正面には二の丸御殿の玄関にあたる、車寄が見えます。

続いて順に「遠侍」(とおざむらい)、「式台」(しきだい)、「大広間」、「蘇鉄の間」、「黒書院」(くろしょいん)、「白書院」(しろしょいん)の6つの建物が南東から北西に向かって斜めに配置されています。

この配置を雁行と呼び、鳥の雁が並んで飛んでいる様子になぞらえています。

二の丸御殿は白書院をのぞいてすべての建物に「狩野探幽(かのうたんゆう)」を主とする「狩野派」による障壁画が描かれています。

金箔をはった画面に鮮やかな岩絵具などで描かれた金碧障壁画で、当時の最高の技が込められています。

 

本丸御殿

本丸御殿

二条城の本丸は二の丸御殿の西側に位置し、内堀に囲まれた部分20,000平方メートルを本丸と呼びます。

本丸は三代将軍の家光が寛永の大改修で拡張した部分で、当時は二の丸御殿に匹敵する規模があり、内部は狩野派の障壁画で飾られていました。

本丸には五層の天守閣がそびえていましたが,寛延3年(1750年)落雷のため焼失,さらに天明8年(1788年)には市中の大火のため殿舎をも焼失してしまいました。

現在の本丸御殿は、京都御所にあった旧桂宮邸を明治26-27年に移築した建物です。

旧桂宮御殿は、仁孝天皇の皇女和宮が14代将軍家茂に嫁がれる前にお住まいであった建物で、孝明天皇の仮皇居に使用された由緒深い建物です。

 

その他、二条城には3つの庭園があります。

二の丸庭園、本丸庭園、そして昭和に入ってから造られた清流園があります。

全部を見学できるわけではなく、非公開エリアもありますので、立ち入り禁止になっているエリアは絶対に入らないように注意しましょう。

■ 基本情報

・名称: 元離宮二条城

・住所: 京都市中京区二条通堀川西入二条城町541番地

 ・アクセス:JR 京都駅から

                  地下鉄烏丸線「烏丸御池駅」から地下鉄東西線に乗り換え「二条城前駅」下車

                  市バス 9・50・101号系統  ⇒ 「二条城前」下車

                  阪急 烏丸駅から

                  市バス 12・101号系統 ⇒ 「二条城前」下車

                  阪急 大宮駅から

                  タクシー,約5分

                 京阪 三条駅で地下鉄東西線「三条京阪駅」に乗り換え

                  「二条城前駅」下車

・電話番号:075-841-0096

・公式サイトURL: http://www.city.kyoto.jp/bunshi/nijojo/

 

二条城

京都・滋賀の求人情報をお探しなら求人マークス

btn_logo